〈報告〉7/13検見川の浜水辺サポーター活動


昨日は何とか雨にもたたられず、水辺サポーター活動(簡易水質調査、生き物しらべ、ビーチクリーン)を開催。プラごみ報道の影響もあるのか、ビーチクリーンにはじめて参加の方が7名、プラス、ワンちゃんの海くん、昨年から参加してくださっているkさん、千葉県野鳥の会の先輩、鳥仲間、生き物しらべでは、水辺サポーターのサポートをして頂いている夢鯨工楽部を中心に、海辺の生き物に詳しいチームメンバーが集合。とてもにぎやかな会となりました。


活動中はなかなか写真が撮れずで、ごくわずかなワンシーンです


現場は風の影響か、波打ち際の流木、海藻に絡んで缶ビンペットボトル、大小プラごみがありました。又、湿度が高く、動いていると汗が吹き出てきました。

まだまだアカクラゲも見られました。


ごみの中には廃棄スプレー缶もあり、拾わずに、ひとまず分かりやすい所に置き、所轄事務所に連絡することにしましたが、どうも気になり(連絡しても、いつ回収して貰えるか不明)、翌日、穴を開け中身をカラにして、ごみステーションに出しました。ライターもレジ袋から透明袋に。



そして、いつも開催地点からごみステーションまでに少し距離があり、搬出が一仕事になっていたのですが、今回参加者の方々がごみ出ししてくださり大変助かりました。

改めてまして、ありがとうございました。


写真は終了後に足を伸ばした保護区コアジサシ、今年生まれの子です


生き物しらべのデータは、又お知らせします。


ここから☆ビーチクリーン隊



コメント